シャンプーの種類

色々なシャンプー



原材料によりシャンプーは、高級アルコール系、アミノ酸系、石けん系に分けられます。

石けん系は洗浄力が強いので向いているのは脂の多い方など。また、頭皮への刺激が弱いという利点があります。ただ、髪を洗った後、ばさついた髪の毛になってしまいます。「石けん」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」とあれば、普通は、石けん系のものでしょう。

高級アルコール系には、合成と天然の2種類があり、合成して作られているのが合成、天然は天然オイルをベースに作られています。一般的に売られているシャンプーの多くがこの高級アルコール系です。泡立ちもよく洗う力も高いのですが、頭皮に与える刺激は強いです。ちなみに、天然か合成かを知るには、合成素材はものすごく多く存在しているので、確かめるには製造元に聞くしかありません。
※)ちなみに、高級アルコールの「高級」とは分類名で、高価という意味とは違います。

アミノ酸系シャンプーは、弱酸性で、頭皮への負担が少なく、シャンプーの中でも育毛に適しているといえます。しかし、洗う力が弱いので、物足りないかもしれませんし、多くのものが、高価です。

薬用育毛剤専門店アーデルのトップページ

★広告

薬用育毛剤アーデル